専門知識を元に低リスクな経営

CATEGORY

CALENDAR

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

不動産業者が収入目的でアパート経営

外部の管理会社にアパート経営の業務を委託することがあります。面倒なアパート入居者によるトラブル対応も任せられるので、本業である不動産業に集中できるため、上手いやり方と評価できます。そして毎月の家賃収入は業者の銀行口座に正しく納められる仕組みです。
アパート経営を始めて時間が経つと建物に劣化が生じることがありますが、これは管理会社の一存では判断できないので、業者に指示を仰ぐことになります。この場合は放置すると入居者が不安を感じるため、速やかに保守工事を行って処理します。
不動産会社に入って来た新人をアパート内に住まわせることもあります。同じ会社で働く社員なので、毎月かかる費用は他の入居者に比べると格安に設定されます。例えば通常時のアパートの家賃が4万だった時は、その半分の2万円が毎月支払う費用です。ネットを使える環境も備わっていて駐車場もあるため、新人は喜んで入居します。
業者の退職後の仕事場所として、アパートの管理人を選ぶパターンも存在します。管理人の仕事は悠々自適といった表現が似合うほどのんびりとしているので、退職後の仕事として最適です。また、何かトラブルが発生することもありますが、滅多に起こらないので安心して暮らせるのが特徴です。

アパート経営の収入を安定させよう

アパート経営をおこなっているオーナーの誰もが気になるのが、毎月の収入ですよね。所有しているアパートの戸数が多かったり、あるいはある程度利便性のよい土地にあったり、建築されてから間もないなどといった理由から、毎月の賃料を高めに設定できている場合、それほど不安はないと思いますが、逆に所有しているアパートの空室率が高くなってくると、今後の収入と支出のバランスがどうなっていくのか、気になってしまうのもうなずけます。アパート経営において、空室率を上げないために大切なのは、周辺のアパートの入居状況や家賃の相場についてしっかりと把握し、競争に負けないように賃貸条件のアップデートを定期的におこなっていくなど、こまめに空室対策を継続することです。
土地の価格や、周辺の商業施設の状況などによって、賃貸価格の相場は常に変動しています。特に、近くに大型商業施設ができたり、学校ができたりした場合には、周辺の住居の家賃相場は1万円単位で変動することもあり、いつの間にか周辺の家賃に比べて設定賃料が高すぎたり安すぎたりしている可能性は高くなります。
アパート経営で着実な収入を得るためにも、経営している物件の周辺情報には常に気を配りましょう。

PICK UP